星の数ほど

表現力のないオタクの観劇備忘録&自分語り

舞台 血界戦線 1115感想

 

 

 

 

Remember:2019/11/15   Soiree

 

 

 

以前この記事で迷ってる~と書いたのですが、結局応募して当たったので行ってきました!*1

シアター・ドラマシティ初めてだった。地下にあるからか天井は低めで、小さな売店があった。ランダム系グッズをトレードする人とかグッズ買いたい人でロビーがごった返してた印象。場内はほどよい中ホールといった感じで、椅子の背もたれが凸凹してるから沿うように体を合わせて座るんだなと思った。実際そんなに疲れなかった。*2席は交互になってるから頭がかぶらなくてよかったです。

セットは......説明しづらい。階段があったり動く踊り場があったり、小ステージみたいなのが乗ってたり。後方に生演奏のピットがあってアクリルで仕切られてて、さらに後ろのスクリーンにHLとか特殊効果の映像が映し出されてた。ちょこちょこ赤い糸が張られてたのは血闘術とかの血液だなと思った。

原作者の「原作やアニメを見直してから観たほうがいい」というツイートを見て、一気に不安になった超ド級にわかの私。とりあえずネタバレでもいいやと舞台の感想を読みまくり、ざーっとあらすじを拾って、何となく話を思い出して観に行きました。

 

 

 

 

 では本編の感想を。

 とりあえず人ごとに書いていきます。

 

 

 

レオくん

「ハロー、ミシェーラ!」声が大きいですね~~さすが舞台。振り回され体質なレオくん、ことあるごとにザップに殴られたりライブラのメンバーに優しくしてもらったり、カオスの街でいい仲間に出会えたんだなと思った。

ガミモヅ戦、レオくんが今までのライブラのメンバーのこと思い出して、守られてきたし優しくされてきた、何の術も持たないただの義眼持ちだから、そういう庇護されてきた気持ちを跳ね除けて、今度は自分が、ただミシェーラを守るために取り返すためにってガミモヅに向かっていったのがめちゃくちゃ好きなんですよ。あのシーン一番グッときた。

義眼使うのがやっぱりしんどそうでめちゃくちゃ叫んでたし、ガミモヅ戦でも相当ボロボロになっていたのでめっちゃ体力使うんだろうなと思った。体まるごとお大事にしてください。

 

 

クラウスさん

気遣いができて頼りになる理想の上司No.1。佇まいから喋り方からお辞儀の仕方までご本人様でびっくりした。ちゃんと小山さんの声がするんですよ......。パワー型の戦闘もよかったし、技名の長いやつスラスラ言ってんのがもうすごすぎて。淀むことも噛むこともなく長いドイツ語をサーーーッと言って推して参るのがめっちゃかっこよかった。

あの完成度見てたら推しにクラウスさんは無理だったかなって思った。小山さんのあの声出ないわきっと......。想像できない。

 

 

ザップ

ザップちょーーーーーーーいい。今作MVPは間違いなく彼ですおめでとうございます。彼がいなかったらギャグパートが成立しない。笑いの流れを全部持っていってて強かった~~。まさか半裸でベッドに乗って登場するとは思わなかったし、しかもシーツ巻きつけながら結構動くから、見えないって分かっててもヒヤヒヤした。マグナムがね、カラフルに光ってるんですよ......。大爆笑だった。アドリブだいぶやってる感じしたし、彼が場を温めてて本当に面白かった。

憎めないクズというか、嫌いになりきれない愛嬌みたいなものがあって、それがいいんだよねザップ。あーまたバカやってんな笑、みたいな感じ。 でも戦う時はちゃんとしてたし、武器の扱いに慣れてる殺陣でかっこよかった。

 

 

ティーブン

ちょっと浮いてたかな~~......。あの声の渋さに寄せようとして若干失敗してる感が否めなくて、残念だな~~と思って見てた。いっそ声のことを忘れてやってみたら、それはそれでスッと入ってきたかもしれないけど、周りの完成度を見ると捨てられないよな~~~。殴るのメインで蹴りが少ないのも......怪我なさってるそうなので仕方なかったのかもしれないけど。

ホームパーティの話はめっちゃよかった。決めのところで「なんてな」っていうのがかっこよすぎて。お手伝いさんに優しいところもめっちゃよかったです。

 

 

チェイン

チェイン最高。基本的にザップに塩対応なのがいい。飲み比べのときに男の肩に足のせて誘惑しつつ、頑張りすぎちゃってあとでめちゃくちゃ吐いたの......頑張ったね......。ザップのやる気出すために電話のフリしてたのも最高でした。

戦闘はそつなくこなしてる感じがした。女性陣みんなスタイルいいから殺陣が映えてかっこよかったです。

 

 

ツェッドさん

BBBの推し、ツェッドさん。全体的に出番は少なめだったけど、何から何までめちゃくちゃツェッドさんでした。大好き。登場シーンからヒューマー!ってかっこよすぎるし、槍持って戦うのもめちゃくちゃかっこよかった。録音したやつ流してるんじゃないかってくらい声の再現度も高くてとてもよきよきだった。

ミシェーラとレオくんが再会するところでライブラみんな様子見に来てて、ツェッドさんが一番隠れられてなくてレオくんに指差されてたの、めっちゃ面白かったな~。顔伏せるだけって。可愛い。

 

 

KK

さすがお姐さん~~!!ザップが敬語使うのも分かります超かっこいい。距離関係なく銃でバンバンぶっぱなしてるの最高でした。スティーブンと一緒に戦うのいやいや~~って言いつつもしっかり共闘してたのもよかったです。

 

 

ギルベルトさん

本物。戦闘に参加しない分、どうしても影が薄くなるギルベルトさん。とにかく声がよくて、喋り始めたらすごく落ち着く。クラウスが信用しきってるのも分かるなと思った。めちゃくちゃ信頼できる。ギルベルトさん見る度に執事として完璧すぎてにこにこしてしまった。癒し。

 

 

ハマーくん&デルドロ

ハマーくん健気でめっちゃいい青年......。明るく爽やかで本物だった。デルドロとちゃんと動きもあってたし、ちょこちょこコンタクトとってるのが仲良くて可愛かった!!めっちゃ手足長いしダンスキレキレ。大般若と同じ人には見えない。役者だなぁ。周りも大きい人ぞろいだから、普通だとそんなに背が高く見えないのに、いざ動き出すと大きく見えた。不思議。

 

 

ミシェーラ

「奪うなら、私から奪いなさい!」自己犠牲も厭わない、兄を想う強い妹。明るくカラッとしてるいい子だった。急に長いこと歌い始めたのはびっくりしたよね。なんやったんやろうあれは。ちょっと虚無の時間があったのが辛かった。

 

 

アリギュラちゃん

アリギュラちゃんが可愛すぎたまじアリギュラちゃん。ダンスキレキレで可愛い最高。どこか忘れたけど、説明シーンで後ろにいるアリギュラちゃんがご機嫌でなにか口ずさんでるのがめっちゃ可愛い。叩いてー♡砕いてー♡血液状にしてー♡って狂気さえも本物。

歩き方から手の振り方まで全部アリギュラちゃんだった。見たことないはずなのに知ってる!!ってなったから、ほんとにすごい。アニメではそんなに印象に残らなかったのに、舞台見て一気にファンになった。

 

 

ガミモヅ

ガミモヅ圧倒的すぎて怖かった。宗三と同じ人とは思えない、役者やっぱりすごすぎ。どっからあの声出てんのほんとに。圧。特にミシェーラの見てる風景をトビー通して再現した終盤の場面、アニメの映像がぶわーーーーーって蘇ってきてめちゃくちゃ怖かった。すごいよあれ。そりゃふざけんなってなるよな。刀さばきもさすが。どう考えても舞台上のラスボスって強さが現れててよかったです。

 

 

トビー

トビーがサックス吹き始めて、しかも終わったらその格好でピットに下がって続けるのめちゃくちゃ面白かった......びっくりした......。

あまりにも衝撃的すぎて後で調べたけど、音大出身でビッグバンドに所属してるサックス奏者兼俳優さんだった。とんでもねぇ人がいたもんだ。背が高くてかっこよくてサックス吹けて演技できるのめちゃくちゃ強い。

 

 

アンサンブルさん

BBギリカ役の方が新体操+リボンで、めちゃくちゃ体柔らかくてすごかった。BBの不気味さが見事に表現されてて好きでした。

異形が普通に生活してるのがHLって感じで大好きなんですけど、特にスティーブン家のお手伝いさんが好きで~~~アニメでも好きで~~~めっちゃよかった。

階段とかを移動させたあともその場に残ってずっと手を動かして雰囲気を出していたり、細かいところまで気を配って演技してるのが伝わってきた。

 

 

生演奏

冒頭からおしゃれバーみたいなムーディな音楽でよかった。ザップに猫を探して!って術かけた女の子がそのままピアノ弾き始めたのはめっちゃびびった......。

エンディングのバンドセッションめちゃくちゃかっこよくて!!生演奏の醍醐味ですな!!ほんとこの人たちマルチに動いてるんだなって思った。プロこわい。

 

 

全体

舞台作品を作ろうとしてるんだと思った。当たり前か......笑。

全部を映像に頼ろうと思えばできるし、音楽も全部録音のやつでやろうと思えばできるんだけど、そこを生演奏とか布とかシャボン玉*3使ったりして、舞台でやる意味みたいなものをちゃんと出してるのがめちゃくちゃよかったです。劇場での体験・ライブ感を出したかったのかなと思った。好きです。

みんながあちこちから出てきて、縦横無尽に動き回る感じがよかった。躍動感あった。ソニックがいろんな隙間から出てきて頷いて話してるのめちゃくちゃ可愛かった~。照明の視線誘導がめっちゃ良かったです。
血を赤リボンで表現してたり、人が負傷した時に紙吹雪を使ったり、後ろのスクリーン上手く使ってたりするのも好きだった。スクリーンに技名出てくるの、かなりテンション上がりました。いい再現度!ガミモヅの監視アイテムとしてドローンが飛んでたのもいいなと思った。

客席通路を使う意味は分かったり分からなかったり。猫探しのザップはナイスだった。あの移動は一種のファンサービスみたいなもんかなと思うことにした。他の舞台でも通路使う意味なかったりするもんね。壁を壊したいとか近く感じてほしいとか、そんなところかなと思いました。

暗転とか逆光の転換が多めなのがちょっと気になったかなぁ。まぁあちこち同時進行で、場面分けのためにやらないといけないのは分かるんだけど。転換が多いから中弛みも感じたりして。特に前半の1.5時間はめちゃくちゃ長く感じた。後半はめっちゃ集中できて時間もちょうどよかったと思う。

 

全体的にこなれてきてたんだろうなって空気感で、アドリブを上手く挟み込んでるのもよかった。いいカンパニーが出来上がってそうですね。

もっと予習復習完璧で、ストーリー大好き!頭に完璧に入ってます!!って人なら楽しめたんだと思う。おぼろげな記憶のせいで、話の繋がり方というか流れがいまいちつかめなかったりしたのは残念だった。

2.5の面白いところって、キャラが喋った途端に「本物だ!!」ってテンション上がるところだと思うんですよね。再現度が高いと初見の説得力が半端なくて、それだけでぐっと世界の中に入りこんで見ることができる。見た目や声がフックとしてかなり重要視されるのが2.5だと思うので、そのあたりが上手い舞台でよかったです。

 

 

見る前は不安半分でかなりドキドキしてたけど、見てよかった!面白かったし楽しかったです。

さ、明日は試験です。頑張ってきます!

 

 

*1:さすがに試験前日はまずいと思って2日前にした。

*2:どの劇場行ってもそんなに疲れないので、私は強靭な尻を持ってるのかもしれない。

*3:ツェッドさんのアクア的表現最高です。